IC443【星のはなし】#10

学習

今回の天体も、超新星爆発の残骸をとらえたものです。
飛び散ったガスが、輝いていますが、みなさんには何の形に見えますか?

漆黒の宇宙に漂う、フワフワした物体・・・。赤い綿菓子のようにも見えますが、ずばり、「くらげ星雲」と呼ばれています。
なるほど、クラゲの「カサ」のようにも見えますね!

第2回で紹介した「かに星雲」もそうでしたが、超新星爆発のガスが広がる様子は、なんともいえない美しさです。
ただ肉眼では、淡すぎてみることができません。天体写真でその姿を楽しむことができます。

この記事について

ここで紹介する写真を撮影しているのは、比嘉良喬さんという太宰府市在住のアマチュア天体写真家です。
比嘉さんのホームページにはたくさんの天体写真がありますので、ぜひチェックしてみてください!
「まほろばの星屑ギャラリー」