アンドロメダ銀河【星のはなし】#01

学習

地球上では、コロナウイルスでいま大変な状況ですが、
たまに夜空を見上げるのも、気分転換にはなりますよね!
「宇宙は広い!!」。
日常を忘れ、ほんのひととき、宇宙に触れあってください。

わたしたちのお隣

さて、今回の天体写真は、「アンドロメダ銀河」。地球から230万光年離れています。
「これこそ、銀河!」という形ですよね。私たちの「天の川銀河」のおとなりの銀河ですので、秋になると、肉眼でもぼんやり見ることができるんですよ。写真にはっきり写すことができ、ファンも多い銀河なのです。

「天の川銀河」と「アンドロメダ銀河」は衝突?

そして、遠い将来(何十億年後ともいわれています)、「天の川銀河」と「アンドロメダ銀河」は衝突するようです。銀河と銀河が衝突!?一体どうなるのでしょう。あちこちで星々がぶつかってしまうと思ってしまいますが、星同士の衝突はほとんどおきないとのこと。銀河は星が密集しているように見えますが、実はスカスカなんですね。
ほんと、宇宙は広い!
でも、衝突する直前は、地球からアンドロメダ銀河はどんな風に見えるんでしょうね。
この写真のように、肉眼ではっきりみえるのでしょうか。そんなことも考えながら天体写真をみてみるのも楽しいのではないでしょうか。

この記事について

ここで紹介する写真を撮影しているのは、比嘉良喬さんという太宰府市在住のアマチュア天体写真家です。
比嘉さんのホームページにはたくさんの天体写真がありますので、ぜひチェックしてみてください!
「まほろばの星屑ギャラリー」