【愛知県】宮成家直伝!ホットプレートde揚げない鶏手羽 -ホットプレート1つでご当地料理を紹介する「旅するホットプレート」第6 弾! -【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

レシピ

ホットプレート1つでご当地料理を紹介する「旅するホットプレート」第6弾!
今回のテーマは、一度で二度美味しい。新潟県からは、焼きそばとミートソースが合体した新潟名物「イタリアン」が登場!不思議な味わいは一度食べたらクセになる逸品!そして愛知県からは、やっぱり外せない名古屋の手羽先!旨辛のタレにからむ手羽先は揚げずにおいしく出来上がるコツが。さらにシメには驚きの焼きおにぎりが完成しちゃいます。

旅気分を味わえるホットプレート料理をご紹介する、好評企画第6弾!
今回は「一度で二度美味しい」ご当地グルメが登場します。

簡単!時短!片付けラクラク!
ホットプレートを使えば、食卓がオシャレに大変身♥
レシピを紹介してくれるのはホットプレート料理ならお任せ!
「時間をかけずに おいしい料理」がモットーの宮成なみさん。
「焼く・煮る・蒸すが一台でできる」ホットプレートだからこそ簡単においしくできるご当地グルメで 旅気分を満喫。
九州7県に広島、そして北海道…さらには春休み特別編として台湾にまで旅をしてきましたが、今回のテーマは「一度で二度美味しい」

一度で二度美味しいご当地グルメ!目的地は愛知県!
瞬き厳禁の宮成流・超カンタンご当地グルメ!
子供の頃から作り続けている「揚げない鶏手羽」。
まずは、手羽先に片栗粉をまんべんなくまぶし、調味料をすべて混ぜ合わせてタレを作っておきます。

なんと下準備はコレで終了!

あっという間にホットプレートへ出発です。

両面焼きあげたら、味が染み込みやすいように、再び「皮」の部分を下にしてからタレを回しかけていきます。

全体にタレが行き渡ったらOK!

白コショウと、たっぷりの「すりごま」そして、お好みで「一味」をかければ、ビールにもご飯にもピッタリ♥

宮成家直伝!ホットプレートde名古屋鶏手羽の完成です。

【材料】2人分
手羽先 8本
片栗粉 大さじ2
砂糖 小さじ2
水・醤油・みりん 各大さじ2
にんにくパウダー 少々
ごま油 大さじ2
白こしょう・すりごま・一味 適量

【作り方】
①まずは下準備。ビニール袋に片栗粉、手羽先をいれてまんべんなくまぶす。
砂糖・醤油・みりん・にんにくパウダーを混ぜてタレを作る。
★ホットプレートのポイントは火をつける前に並べていく「コールドスタート」です。
②手羽先の余分な片栗粉を取り除いてから皮部分を下にしホットプレートへ並べる。(片栗粉のムラが焦げに繋がります。)
③ごま油を上から回しかけ、フタをしたらここでスイッチON。温度設定MAXで約10分(手羽先の大きさによって変わります。)
※一度音が激しくなり、その落ち着いたころが焼けごろ。
④湯気が出て、しばらくするとバチバチと音がし、音が止まったタイミングがベストな焼けごろ。
キツネ色の焼き目がついてカリカリに焼けたらひっくり返します。
⑤両面カリカリに焼けたら、皮面を下にしてタレを回しかける。 タレが絡んだら火を止め、皮面を表にして全体に白こしょうとゴマをかける。お好みで半分一味をかけて完成。

※レシピ・細かな工程を宮成さんのサイトでも紹介しています。
「宮成なみnote」で検索

2022年4月19日(火) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。