《長崎・佐世保市》宮成家のかぼす(レモン)ステーキ -「ホットプレート1つでできる九州各県のご当地グルメ」をご紹介!-【レシピ/ももち浜ストア】

レシピ

旅行も行けない、外食にも行きにくい…続く自粛生活に気分転換を!「ホットプレート1つでできる九州各県のご当地グルメ」をご紹介!
5分で準備完了!?お肉や野菜のうまみたっぷりの「無水ホルモン鍋」に、職人もびっくりのスピードで完成する「包まないイカしゅうまい」。そしてシメまでフォトジェニックな豪華さの〇〇ステーキなど、まるで旅行気分を味わえるようなホットプレート料理が登場します。

ホットプレートで九州ご当地グルメと題して、自粛生活の気分転換になるような旅気分を味わえる、ホットプレートレシピをご紹介します。
簡単!時短!片付けラクラク!ホットプレートを使えば 食卓が華やかに大変身!
今回、お手軽に旅気分を味わえる「九州の アレンジご当地グルメ」レシピを教えてくれるのは、食の知財専門家 宮成なみさん。
自身の病気をきっかけに生活の中から生まれた、知恵や工夫を「形」にして発信!
「おいしく健康になれるごはん」がモットーの宮成さんが最近ハマっているというのが「ホットプレート」料理なんです。
と、いう訳で、今回のレシピはすべて およそ10分で準備が完了します♥

出てきたのは「かぼす」。
そのかぼすを使って、長崎県佐世保市の味へ出発!

材料はいたってシンプル!
宮成家ではお肉の付け合せに「アスパラ」を使うのが定番なんだとか。

【材料】2人前
牛肩ロース 200g
かぼす(レモン) 1個
にんにく1片
醤油&みりん 大さじ2
砂糖 小さじ2
アスパラ 2束

食材をカットしたら、醤油にみりん、そして砂糖にすり おろしニンニクを加え、かぼす果汁と皮を漬け込みソースを作って準備は完了。
ホットプレートに牛脂または、バターをひいて、アスパラ、牛肉を焼いていきます。
お肉に少し火が通ったらソースを回しかけまして…?

ちなみに…かぼすステーキのシメがまたまた絶品で、ホットプレートに残った肉汁の旨みとご飯を絡めて追いソースをしたら、ガーリックライスのできあがり♥
かぼす効果でサッパリしているのにコクがある不思議な味わいなんです。

【作り方】
①まずは、お肉のソース作り。醤油・みりん・砂糖・すりおろしニンニク・かぼす(レモン)果汁を混ぜる。
あとはアスパラを3等分にカットすれば下準備はOK
②ホットプレートに牛脂またはバターをひき、アスパラ・牛肉を敷き詰めてお肉がレア状態になったらタレを回りかける。
※すぐに火を切って、熱々の内に食べて下さい。

※細かな工程は「宮成なみnote」で検索

2021年8月31日(火) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。