福岡市科学館 -11月3日まで「イグ・ノーベル賞の世界展」という展覧会が開催中-【あべちゃんカメラが行く! /ももち浜ストア】

お出かけ

今日は福岡市中央区六本松にあります「福岡市科学館 3F」にお邪魔しています〜
こちらでは、11月3日(水・祝)まで【イグ・ノーベル賞の世界展】という展覧会が開催されています。

みなさんこの【イグ・ノーベル賞】ってどんなものか知ってますか?
この【イグ・ノーベル賞】は、マーク・エイブラハムズさんが1991年に創設した賞で「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に贈られる、要はちょっとユニークだけど大真面目な研究。表のノーベル賞に対して“裏ノーベル賞”とも言われています。
研究にはユニークが必要ということですね!

そして、見てくださいこのショーケース
これはどこにでも売っているものを使ってトロフィーにしているんです!
展示しているトロフィーは実際に受賞者から借りもの。
この2014年に受賞した「食材」がテーマのトロフィーはどこにでも売ってそうなお皿とケース。

このイグ・ノーベル賞は、毎年アメリカのハーバード大学で授賞式が行われ、今年で30年目を迎えました。
過去27組の日本人受賞者を生み出し、今月9日に行われた今年の授賞式でも日本人が受賞し、15年連続受賞!
この【イグ・ノーベル賞】を受賞したその後【ノーベル賞】を受賞した人もいるそうですよ!

こちらは、ハーバード大学で行われる授賞式の雰囲気が楽しめるエリアです。

まだまだ奥もあります。
こちらからは【受賞研究パネルや体験できるエリア】

懐かしい!【たまごっち】の研究で受賞されているんですね
我々の生活は「たまごっち」に支配されていた…確かにあの時は夢中になってた!

こちらはイグ・ノーベル賞で受賞した研究が実際に体験できるエリア。
こちらのスパゲッティ乾麺なんですが、折ると三つ以上の破片になってしまうスパゲッティの折れ方の謎を体験できます。

まだまだ奥にもあります。
これは「公衆衛生賞」でブラジャーがガスマスクへ早変わりするといった発明のもの。
授賞式でも実際に着用したそう。
図面もあってこうやって細かくサイズなども図って…ユニークですね!

この公式展覧会、結構女性に人気!
今後日本で開催されることはないかも…
この機会に世界のユニークな研究を楽しむのもいいかもです。

【住所】福岡市中央区六本松4-2-1
【営業時間】9:30~18:00 *入場は17:30まで
【定休日】火曜
イグ・ノーベル賞の世界展 11/3まで開催
高校生以上1400円 / 小・中学生900円 / 未就学児無料 *全て税込み

2021年9月24日(金) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。