玖珠町のシンボルとして建つ九州唯一の扇形機関庫・豊後森機関庫公園 -高田課長のエール旅 -玖珠町・日田市・九重町-【週末GO/ももち浜ストア】

お出かけ

今回のエール旅は、昨年の豪雨被害から運行していなかった久大線が全線開通した大分県で、春を満喫できるエール旅をお届けします。
日田市では、お得なクーポンを利用していちご1パックを全部使用した、いちご満載の贅沢なパフェをいただきます。そして、九重町では隠れ家的温泉郷『筌ノ口温泉』へ。ここは、おんせん県の紹介動画『シンフロ』の撮影舞台。ワンコインで終日入れる日帰り風呂の魅力に課長もドはまり?

週末に役立つ様々な情報をお届けする週末GOのコーナーです。
今日はエール旅です。福岡県を飛び出して、大分県の観光地を代表する、玖珠町・日田市・九重町へ行ってきました!
久留米市と大分を結ぶJR久大線。昨年7月の豪雨の影響で大分県内の一部区間が不通になりました。
そして、およそ8カ月におよぶ復旧作業で今月1日から全線で運転を再開。
春を迎え新たなスタートとなりました。
今回は、そんなJR久大線を利用しても訪れることができる、今行きたい大分県のオススメスポットをご紹介します。
題して、高田課長のエール旅in大分県。

旅のスタートは、豊後森駅がある玖珠町から!ツーリズムおおいたの安部さんにお話を伺いました。
まずは、豊後森駅のある玖珠町から!

隣接する豊後森機関庫ミュージアムでは貴重な資料を観ることができます。
最近では、ミュージックビデオの舞台として使用されることもあるそう。

昭和9年から昭和45年まで使用されていた、旧豊後森機関庫は、直径18.5メートルの転車台を中心に半径47.84メートルで放射状に広がり70年以上、玖珠町のシンボルとしてこの地に建つ九州唯一の扇形機関庫!
こちらに展示されている蒸気機関車は、「キューロク」という愛称で親しまれ、大正8年から55年間、長崎本線や唐津線で活躍していたそうです。

豊後森機関庫ミュージアムは、『歴史とあそぶ・まなぶ・たのしむ』をコンセプトに、鉄道の歴史にふれながら、鉄道を楽しむミュージアム。
プラ板作りなどのクラフト体験や木のボールのプールで遊べます。
さらに、日曜日にはミニトレインが運行し、大人も乗れるので親子で楽しめます。ミュージックビデオ風にインスタ撮影とかもできますよね。

【住所】大分県玖珠郡玖珠町
【電話】玖珠町観光協会 0973-72-1313

2021年3月19日(金) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。