TOTOミュージアム -トイレ”の歴史について学ぶことができる施設-【あべちゃんカメラが行く!/ももち浜ストア】

お出かけ

きょう11月19日は…
世界全体でトイレ問題を考える日「世界トイレの日」なんです

“トイレ”の歴史について学ぶことができる施設、北九州市小倉北区にある「TOTOミュージアム」にお邪魔しています
トイレといったらやっぱり【TOTO】ですよね
TOTOミュージアムではトイレを含め、およそ1000点の展示があります。
すごい数ですよね。明治時代の和式トイレなんかもあってすごい…

水洗トイレがずらっと並んでいますがこちらでは「節水の歴史」が学べるんです
水洗トイレの見た目はそんなに変わってないんですが、1回に流す水の量が昔と今では全然違う…
昔の水洗トイレは1回の使用で20ℓの水が必要でした。
しかし日本の水不足問題から、初の節水トイレとして、1976年に1回で13Lで流せるトイレを開発。その後も開発を重ね、1回に流す水の量は、どんどん少なくなっていきます。
最近は3.8Lの水でキレイに流れます。すごい進化ですよね!

こちらは温水洗浄便座「ウォシュレット」の歴史が学べます
今年はそのウォシュレットが誕生して、40周年という記念の年なんです
まさにおしりを洗い続けて40年!
おしりを洗うのにも進化があります
1980年 最初のウォシュレット機能は、おしり洗浄・乾燥・暖房便座の3つでした
1999年におしりの洗浄方法が、水玉を連射する「ワンダーウェーブ洗浄」となり、少ない水量で快適な洗い心地を実現。
節水、省エネにも寄与しました。     
2011年には除菌効果のある水を使った機能「ノズルきれい」も開発。
使うたびにノズルを自動で除菌しています。
最新では2017年に 「エアインワンダーウェーブ」となり「ワンダーウェーブ洗浄」の水玉に空気を含ませることで、一粒一粒の大きさを約30%拡大。
少ない水量でも「たっぷり感」のある快適な洗い心地が実現しました。
ウォシュレットも進化してエコ・節水の時代なんですね

そしてトイレの他に…
「美しくて使いやすい」最新キッチンから「毎日のお風呂が楽しみになる」最新バスルームまで、様々な水回りのTOTO商品が1Fのショールームで展示されています。

そしてこちらにある【トイレ】は…?
世界中で展開している最新モデルのトイレ
【ネオレストNX】
TOTOが世界に向けて発信する次世代トイレとして、360度どこから見ても美しいデザインにこだわりました。

さらにこんなものも!
「トイレ川柳」が印刷されたトイレットペーパーなんていうのもあるんですよ
トイレにまつわる川柳を毎年一般募集して、応募作品の中から入賞作品が印刷されています
こちらのTOTOミュージアム内のショップやネットで購入できるそうです

TOTOミュージアム、ぜひお越しください。

【住所】北九州市小倉北区中島2-1-1
【電話】093-951-2534
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】月曜

2020年11月19日(木) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。