福岡名物「屋台」期間限定でテーブル席設置 コロナ対策で規制緩和 密を回避 福岡市 (20/10/16 20:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡の観光名所・屋台で、本来は認められていないテーブルの設置が許可されることになりました。

新型コロナウイルスの新たな対策の1つで、今のところ11月末までの期間限定になっています。

福岡市の屋台は市の屋台基本条例で幅3メートル、奥行き2.5メートルと規格が定められていて、屋台のそばにテーブルを置いて飲食物を提供することは禁止されています。

これを今回、福岡市は新型コロナ対策として、営業スペースを左右それぞれ1メートルずつ広げて5メートルに緩和し、テーブル席を置くことを許可します。

1つのテーブルに2人ずつ計4人程度が座れるようになり、市は「屋台での密を避けると同時に、より多くの客を受け入れられる」と効果を期待しています。

国の規制緩和を活用した措置で、今のところ11月末までの期間限定となっています。

市は感染防止と消費喚起の具体的な効果を検証しながら、期間の延長について今後、国と協議する方針です。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg