住吉神社 巫女らが「稲刈り神事」 例年より良いでき 五穀豊穣に感謝 福岡市博多区 (20/10/16 18:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

実りの秋を迎え福岡市の住吉神社で16日、「稲刈り神事」がおこなわれました。

五穀豊穣に感謝する稲刈り神事は、福岡市博多区の住吉神社の境内にある神田で毎年、この時期におこなわれています。

16日は、6月に植え黄金色に実った「イセヒカリ」を宮司や早乙女姿の巫女らが鎌を使って丁寧に収穫していました。

2020年は2度の台風の影響もあり生育が心配されましたが、被害もなく例年よりできが良いということです。

【巫女・福島愛梨さん】
「こうやって立派に育ってくれて住吉神社の神様が守ってくださったのかなという思いと、自然の恵みに感謝して刈らせていただきました」

収穫された約3キロのコメは、10月23日におこなわれる新穀感謝祭で神前に供えられるということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg