太宰府市 経済の活性化やまちづくり促進へ 西鉄と包括連携協定 福岡県 (20/09/17 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県内有数の観光地がある太宰府市は、市内の経済の活性化やまちづくりを進めるため、西鉄とさらなる連携を図っていくことで合意しました。

包括連携締結式には太宰府市の楠田市長と西鉄の倉富社長が出席し、協定書に署名しました。

太宰府市と西鉄はこれまでも福岡市との間を結ぶライナーバス「旅人」の運行や、古民家を宿泊施設に改装する事業などで連携してきました。

今回の協定はそうした連携をさらに強化するもので、西鉄福岡駅から太宰府駅へ向かう際の往復乗車券を約2割引で販売するほか、10月から市内で使えるプレミアム付きの電子マネーの利用促進策が盛り込まれています。

太宰府市は「人口減少や新型コロナで落ち込む市内経済の盛り上げのため、西鉄と手を携えたい」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg