インフル予防接種 福岡県が無償化へ 高齢者など対象 コロナと同時流行を防止 (20/09/16 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県は新型コロナウイルスの感染症とインフルエンザが同時に流行するのを防ぐために、高齢者などを対象に予防接種を無償化する方針を固めました。

福岡県が補助するのは、インフルエンザの定期予防接種の費用のうち市町村が一部を助成した後の自己負担分で、これによって65歳以上の高齢者と基礎疾患のある60歳以上の人は無償で接種が可能になります。

県は、冬場に向けて新型コロナの感染が再び広がることが懸念される中、インフルエンザの流行による医療のひっ迫を防ぐために今回の無償化を決めました。

このほか県は新型コロナ対策として、接待を伴う飲食店を対象に空気清浄機などの購入費として最大20万円を支給する方針で、開会中の議会に総額約42億円の事業費を盛り込んだ補正予算案を提出します。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg