福岡県内で住宅や農作物などの台風被害 13人がけが 停電は7日中に全て復旧 (20/09/08 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

今回の台風10号で、福岡県内では13人がけがをしたほか、住宅や農作物などへの被害が確認されています。

県によりますと、8日午前6時までに福岡市や北九州市などで13人が割れた窓ガラスなどでケガをしたほか、強風の影響で建物の外壁がはがれたりシャッターが壊れるなど43件の被害を確認したということです。

また、朝倉市などで強風でナシが落下したほか、福岡市などでは塩分を含んだ風で大豆の葉が変色したりしおれたりする被害も確認されています。

このほか、行橋市や築上町の海岸に流木やペットボトル、シートなどのゴミが打ち上げられていて、速やかに撤去する方針だということです。

一方、県内の停電は7日中に全て復旧し、新たな被害も見込まれないことなどから県の災害対策本部は8日に廃止されました。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg