台風9号 福岡県内各地で強風や高潮被害 糸島市では鳥居崩れ県道へ 北九州市では街路灯倒れ屋根突き破る (20/09/03 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

台風9号は2日夜から3日未明にかけて福岡県に最も接近し、各地で強風や高潮による被害が出ています。

◆記者
「日付変わって百道浜、現在台風が最接近して雨が降っています。そして木々も風に揺れていて、この時間も強い風が吹き続けています」

台風9号は2日夜から未明にかけて福岡県に最も接近し、県内の一部が暴風域に入りました。
福岡市で最大瞬間風速35.6メートルを記録するなど各地で強い風が吹き荒れ、被害が相次ぎました。

◆記者
「事故当時、鳥居は道路側に倒れていて道路には大量に散乱していました」

一方、糸島市志摩では石の鳥居が崩れ、県道に破片が散乱。
走行していた車が衝突したということですが、警察によりますと運転していた人にけがはないということです。

◆付近住民
「風の音が強かった」

◆記者
「北九州市八幡西区です。白いフェンスの部分にあった街路灯がおよそ2メートル下に落下し、ハウスのプラスチック製の屋根に貫通してしまっています」

北九州市八幡西区では街路灯が倒れ、3メートルほど下にある建物の屋根を突き破りました。

◆男性
「びっくりしました、こんなにひどいとは思わなかった」

福岡県によりますと、この台風で風にあおられ転倒した北九州市小倉北区の80代の男性など2人がけがをしています。

一方、台風の影響高潮による被害も確認されています。
高潮は気圧の低下や強い風の吹き寄せによって潮位が上がることで発生し、糸島市や福岡市や北九州市など広い範囲で住宅などへの浸水被害が相次いでいます。

台風9号は福岡県から次第に遠ざかっていますが、気象台は引き続き強風や高潮に注意するよう呼びかけています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg