苅田町 節水を呼び掛け 油木ダムの貯水率10%下回れば減圧給水さらに強化方針 福岡県 (22/06/20 13:50) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

梅雨入り後も深刻化する水不足。

福岡県苅田町は、水源の油木ダムの貯水率が10%を切った場合、給水制限を更に強化する方針を確認しました。

◆福岡県苅田町 遠田孝一町長
「なんで油木ダムだけ(雨が)少ないんだろうというのが率直な感想」

2回目の開催となった、6月20日の渇水対策本部会議では、町の水がめである油木ダムの貯水率が、午前0時の時点で13・7パーセントと、先週より更に低下している現状が報告されました。

これを受けて苅田町は、ダムの貯水率が10%を下回った場合には、既に行っている10%の減圧給水を15%に強化することや、水の供給を受ける京築地区水道企業団に日量630トンの増量を要請することなどが確認されました。

町は、このまま雨が降らなければ、あと1週間ほどで油木ダムの貯水率が10%を下回ると予測していて、町民や企業に更なる節水への協力を呼び掛けています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg