福岡県「コロナ警報」 6月1日に解除へ 飲食店への要請も終了見込み (22/05/31 11:55) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県は、2022年1月から発動している県独自の「福岡コロナ警報」について、6月1日に解除する方針を固めました。

新型コロナウイルスの県内の感染者は5月30日、新たに799人確認され、およそ2カ月ぶりに1000人を下回ったほか、病床の使用率も29日時点で19.9パーセントとなっています。

福岡県は、2022年1月から県独自の「福岡コロナ警報」を発動していますが、感染者が減少傾向にあり、病床使用率も解除の目安である20パーセントを下回ったことから、6月1日をもって解除する方針を固めました。

5月31日の対策本部会議で決定する予定です。

警報により県は、飲食の時間を2時間程度とし、県の認証を持っていない店については1テーブル4人以下とすることなどを求めていましたが、こうしたお願いも終了する見込みです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg