「福岡コロナ警報」4カ月ぶり解除決定 飲食店への要請も終了 (22/05/31 19:30) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県は、2022年1月から発動している県独自の「福岡コロナ警報」について、およそ4ヵ月ぶりに解除することを決定しました。

◆大曲副知事
「1月20日に警報を発動して以降、県民、事業者の皆様には基本的な感染防止対策の徹底だけでなく、飲食店におきましては営業時間の短縮など厳しい措置にもご理解ご協力いただきました。改めて心から感謝申し上げます」

福岡県は、県独自の「福岡コロナ警報」を6月1日に解除することを決定した理由について、感染者が減少傾向にあり、病床使用率も解除の目安である20パーセントを下回ったことなどを挙げました。

福岡コロナ警報が解除されるのは、およそ4ヵ月ぶりです。

県は、これまで飲食店での滞在時間を2時間程度とし、県の認証を持っていない店については、1テーブル4人以下とすることなどを求めていましたが、解除に伴いこれらも終了します。

一方で、感染に不安を持つ無症状者への無料検査は、当面の間、継続します。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg