5年前に甚大な豪雨被害 朝倉市で梅雨前に一斉点検 林市長「早めの避難を心がけて」 福岡県 (22/05/12 18:45) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

5年前の豪雨で甚大な被害が出た福岡県朝倉市の被災地で、梅雨前の一斉点検が行われました。

当時、朝倉市には12時間に792ミリもの雨が降り、市内で35人の死者・行方不明者が出ました。

流木が堆積しやすい川の合流地点で行われている護岸工事の様子を確認した林市長は、関係機関に対し対策の徹底と災害発生時の情報共有を指示しました。

◆朝倉市 林裕二市長
「災害から身を守る、財産を守る、ということはハードだけでは絶対にかないませんので。早めの避難を心がけて頂きたい」

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg