西鉄グループ昨年度決算 1年で黒字転換 営業収益4272億円で過去最高 不動産事業が好調 (22/05/12 19:30) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

西鉄は昨年度の連結決算で増収増益となり、赤字だった前年度から1年で黒字へ転換しました。

西鉄は12日に福岡市内で会見を開き、2021年度の連結決算について、営業収益は4272億円と1977年度に連結決算を導入して以来過去最高となったと発表しました。

また純利益も99億円と増収増益となり、コロナの影響で過去最大の赤字となった前年度から1年で黒字転換しました。

主な理由について、西鉄は、国際物流事業やマンション販売など不動産事業が好調だったとしています。

一方、鉄道やバス・ホテル事業はコロナ前の水準と比べて依然、赤字が続いていて、林田社長は「観光需要の戻りでなんとか黒字化を達成していきたい」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg