「コロナ感染者いる」介護施設に“虚偽ファックス”で業務妨害 49歳男逮捕 福岡市 (20/08/19 20:15) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

新型コロナに感染した職員がいるなど、うその内容のファックスを福岡市の老人介護施設に送って業務を妨害した疑いで、49歳の男が逮捕されました。

福岡市早良区重留の会社員・藤井勝人容疑者(49)は2020年5月、新型コロナに感染した職員がいて感染拡大の危険性があるといった虚偽の内容のファックスを、福岡市西区の老人介護施設に送って業務を妨げた偽計業務妨害の疑いが持たれています。

調べに対し藤井容疑者は「交際相手と会った後、微熱が出たので感染していると思い女性が勤めていると思われる会社に送った」と容疑を否認しています。

施設は確認のため職員約20人のPCR検査をしましたが、全員陰性だったということです。

警察は、実際に交際相手が施設に勤めているか調べています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg