福岡市 新型コロナワクチン 高齢者などへの3回目接種開始 (22/01/05 16:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡市は、高齢者などへの新型コロナワクチンの3回目接種を5日から開始しました。

このうち、集団接種会場の中央体育館では午前11時から接種が始まりました。

福岡市では12月から医療従事者を対象に3回目接種を行っていましたが、5日からは高齢者施設の入所者や職員と65歳以上の高齢者あわせて約32万人も対象となり、2回目接種から7カ月が経過した人に順次接種券が発送されます。

ワクチンは、2つの集団接種会場ではモデルナ社製、市内約800のクリニックではファイザー社製を使用し、これまで接種したものとは違うワクチンを接種する「交互接種」も認められています。

市は今後、集団接種会場を8つまで増やすなどして接種を加速させたいとしています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg