北九州市で住宅全焼の火事 遺体は住人の10歳男児 死因は焼死 (21/11/23 16:10) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

11月20日、北九州市で住宅を全焼した火事で、見つかった遺体は、この家に住む小学生の男の子だったことが分かりました。

この火事は11月20日未明、北九州市八幡西区馬場山西で光岡政志さんの木造2階建て住宅を全焼したもので、1階から性別がわからない遺体が発見されていました。
警察が身元の確認を進めていましたが、遺体は光岡さんの次男で10歳の小学生の光岡シンイチ君だったことが確認されました。
死因は焼死でした。
警察と消防は引き続き、出火原因などを詳しく調べています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg