福岡市 12月1日から3回目のワクチン接種開始へ 医療従事者には11月26日から接種券発送 (21/11/15 16:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡市は、12月1日から新型コロナの3回目のワクチン接種を開始すると発表しました。

福岡市によりますと、3回目の接種が始まるのは12月1日からで、2回目の接種から8カ月が経った18歳以上の市民が対象となります。
使用されるのはファイザー製で、まず市内の医療従事者、約6万3000人に向けて11月26日から接種券を発送します。
その後、一般の市民には2回目接種から8カ月が経過する2022年1月中旬以降に順次、接種券が届くよう発送するということです。

体制はこれまでと同じく、市内約850カ所のクリニックでの個別接種や公共施設での集団接種などが想定されています。
福岡市の2回目接種率は82%に上っていて、高島市長は「3回目もスムーズに進むよう取り組みたい」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg