衆院選31日投開票 福岡県警「選挙違反取締本部」を設置 7600人態勢 (21/10/15 16:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

10月31日投開票の衆議院選挙を前に、福岡県警は15日、選挙違反の取締本部を設置しました。
選挙違反の取り締まりを担当する福岡県警本部・捜査二課の入り口では、午前10時すぎ、坂口彰刑事部長らが取締本部の看板を設置しました。
取締本部はこのほか、県内35すべての警察署にも置かれ、7600人あまりの態勢で事前運動や買収など選挙違反の取り締まりに当たります。

県警によりますと、前回の衆議院選挙では145件の警告が出されました。 今回は2020年7月~2021年10月14日までに、すでにポスターやのぼりに関する文書掲示の違反などで25件の警告を行ったということです。
県警は「不偏不党、厳正公平な違反取り締まりに努めていく」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg