18日開幕 世界体操 海外選手団が続々と北九州市へ PCR検査で陰性確認 条件付で大会観戦可能 (21/10/13 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

世界体操・新体操の北九州大会の開幕を前に、10月13日から本格的に海外の選手団が北九州市入りしています。

13日朝、北九州空港に到着したのはイギリス選手団の22人で、選手たちが姿を見せると地元の大学生らが横断幕やイギリス国旗で歓迎していました。
選手たちは羽田空港でPCR検査を受け、陰性が確認されているということです。
選手たちは宿泊先のホテルと大会会場だけの往復で、一般市民とは接触しない体制がとられます。

また、大会本番まで北九州市内の練習会場で最終的な調整を非公開で行う予定です。
10月18日から開催される世界体操・新体操北九州大会は、ワクチンを2回接種した上で72時間以内のPCR陰性証明を持っている人に限って、会場での観戦ができることになっています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg