工藤会傘下最大・田中組の事務所 解体工事始まる 小倉北区・歓楽街の工藤会系全事務所撤去へ 北九州市 (21/10/12 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

特定危険指定暴力団・工藤会が、北九州市小倉北区にある組事務所を解体することが分かりました。

◆記者
「午前9時前です。建設資材を持った作業員が田中組の事務所に入って行きます」
警察によりますと、解体されるのは、北九州市小倉北区紺屋町にある工藤会傘下組織最大の田中組の事務所です。
2004年に工藤会の総裁・野村悟被告が購入し、事務所として使用していました。
2014年11月以降は県の公安委員会より使用が制限されていましたが、警察と近隣住民の呼びかけや維持管理費の負担の大きさから、撤去を決めたとみられています。
10月8日には田中組の本部事務所の解体が始まっていて、今回の事務所撤去により、小倉北区の歓楽街から工藤会系事務所はなくなるということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg