福岡市と展開「チャリチャリ」 電動アシスト自転車のシェア開始へ 10月13日から まずは300台導入 (21/10/12 19:30) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡市で、「電動アシスト自転車」のシェアサービスが10月13日から始まります。 急な坂道でもスムーズに走ることができます。

バッテリーを搭載した「電動アシスト自転車」です。
福岡市と共同で自転車のシェアサービス「チャリチャリ」を展開する事業者は、12日、電動アシスト自転車の13日からの提供開始を高島市長に報告しました。
自転車は1分15円で利用でき、1回の充電で最大約70キロ走行することができます。
▼高島市長
「おー、速い速い、すごいラク」

チャリチャリは現在、福岡市内で約2200台の自転車を提供していて、コロナ後の観光需要の増加を見据え、まずは300台の電動アシスト自転車を導入し、将来的にはシェアサイクルの半数程度まで増やしていきたいとしています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg