福岡県 中間市 5歳園児熱中症死 新園長が保護者説明会 送迎バス廃止へ (21/10/03 10:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県中間市の保育園で今年7月、園児が送迎バスの中に取り残されて死亡した事故を受けて、園は、送迎バスを廃止することを決めました。

中間市の双葉保育園では、今年7月、5歳の倉掛冬生ちゃんが送迎バスの中におよそ9時間取り残され熱中症で死亡しました。
事故のあとに就任した梅田典子新園長は2日、保護者説明会を開き、運行していた送迎バス2台を廃止することを明らかにしました。

◆双葉保育園梅田典子新園長
「保育士の質の向上を目指しております。職員一同気を引き締めてまた保育に取り組んでいきたいと思っております」
説明会では園児の出欠について保護者に電話で確認することや、職員の役割を明確化し連携体制を構築することを報告したということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg