緊急事態宣言 解除後初の週末 久々の外出で福岡県内の人出増加 (21/10/02 18:10) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

緊急事態宣言の解除後、初の週末を迎えた福岡県内では、久々の外出を楽しむ多くの人出がありました。

緊急事態宣言の解除で県内では約1カ月半ぶりに時短や自粛の制限が緩和され、初めての週末となった2日、福岡市中心部は買い物客や家族連れなど多くの人出がありました。
◆市民の話
「気持ちの面でも楽になったというか、出てもいいかなと思ったので」
1カ月半ぶりに開園した大牟田市動物園にも再開を待ちわびた家族連れが朝から続々と訪れました。
◆来園者の話
「子供たちもずっと家に居たので楽しんでいる気がする」
園内には開園80周年を記念して、原画など約1千点を収蔵した絵本美術館も新たにオープンしました。
◆ともだちや絵本美術館 担当者の話
「眺望のいい休憩室でのんびりしていただきながら、気が向いたら本物の原画を見ていただく。そういう気軽な気持ちで絵本にふれていただければと思います」

こうした中、リモート方式で開かれた全国知事会議で、福岡県の服部知事は地域の観光業者への支援事業の延長やGoTo食事券の販売再開を国に求めたいと述べました。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg