9歳男児殺害 母親「自分が刺した」 息子刺し自殺図ったか 福岡市博多区のマンション (21/09/30 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

9月29日、福岡市博多区で9歳の男の子が殺害された事件で、母親が警察に「自分が子供を刺した」などと話していることがわかりました。

29日夜、福岡市博多区那珂のマンションで、このマンションの一室に住む小学生の田尾勇人くん(9)が包丁で刺された状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。
その後の捜査関係者への取材で、母親が警察に対し「自分が子供を刺した」などと話していることがわかりました。
勇人くんは、首など複数箇所を刺されていたということです。

母親は勇人くんのそばに倒れた状態で発見され、手首をけがしていることから病院で治療を受けています。
また、父親が警察に対し「母親は数日前から言動が不自然だった」と説明していることも新たにわかりました。

警察は、母親が勇人くんを刺したあと自殺を図ったとみて、回復を待って事情を聞く方針です。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg