福岡県 10月1日から酒類提供解禁へ 認証店は営業午後9時まで 酒類提供午後8時半まで (21/09/28 19:15) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県の服部知事は9月28日夕方、緊急事態宣言が解除される10月から、飲食店での酒類の提供を解禁すると発表しました。
▼服部知事
「措置の緩和を慎重に段階的に行っていくために、自治体の単独措置について営業時間等が明記されました」

県の独自措置の期間は10月1~14日までで、飲食店への時短要請を続けた上で、県全域で酒類の提供を認めます。
感染防止対策で県の認証を受けている店は、営業は午後9時まで、酒類の提供は午後8時半まで。
認証を受けていない店は営業は午後8時まで、酒類の提供は午後7時半まで認められます。

認証があるかどうかで営業に1時間の差が出るため、今後は認証手続きを迅速に進められるかが焦点となります。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg