小郡市 九州道の工事現場から黒煙 溶接作業中に出火か 消火作業続く 福岡県 (21/09/24 16:10) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

24日正午ごろ、福岡県小郡市にある九州自動車道の工事現場で火事がありました。

ネクスコ西日本などによりますと、24日正午ごろ、小郡市福童で「溶接作業中にプラスチックに火がついた」と工事作業員から119番通報がありました。
現場では九州道下りの鳥栖JCTと久留米ICの間に新設される「スマートインターチェンジ」の工事が行われていて、道路に敷く鉄板を溶接する際、火がプラスチック製の資材に燃え移ったとみられています。
けが人はいませんでした。

また福岡県行橋市では、24日午前6時50分ごろ、そば店を全焼するなど3棟を焼く火事がありました。
そば店は住居も兼ねていて、家族4人は逃げ出して無事でしたが、近隣の住民が煙を吸って病院へ運ばれたということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg