福岡県内の優先接種 17日から16~39歳の全ての人に拡大 予約は電話・ネットで 若年層の接種加速へ (21/09/17 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県内9カ所で実施中の新型コロナワクチン優先接種について、県は17日から対象を16~39歳までの全ての人に拡大しました。

福岡県は、保育士や教職員、飲食店などの従業員のほか、妊婦と同居家族などを対象に福岡市や北九州市、久留米市など県内9つの会場で優先接種を行っています。
この接種を受験生なども利用できるよう、県は対象について職種などの制限をなくして16~39歳までの全ての人に拡大し、17日から電話とインターネットで予約の受け付けを始めました。
ワクチンはモデルナ製を使用し、1会場あたり1週間に最大1000回の接種を予定しています。

働く世代が利用しやすいよう、接種は午後8時まで実施されていて、県は「対象拡大で若年層への接種を加速させたい」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg