交際女性に“中絶薬”で流産 35歳の男逮捕「結婚後の将来に不安」 マッチングアプリで出会う 福岡県 (21/09/14 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

交際相手の女性に中絶薬を飲ませ流産させた疑いで、福岡県宮若市に住む35歳の男が逮捕されました。
不同意堕胎の疑いで逮捕されたのは、宮若市の無職・濱村隆治容疑者です。

警察によりますと、濱村容疑者は2021年6月、交際相手の女性(当時29)の自宅で、女性に無断で中絶薬を飲ませ流産させた疑いです。
女性は当時妊娠約3カ月で、薬を飲まされた翌日に体調不良を訴えて病院で診察を受けたところ、流産していることが分かりました。
女性がその後、宗像警察署に相談し、事件が発覚したということです。

2人は2020年9月にマッチングアプリで知り合っていて、警察の調べに対し濱村容疑者は、「結婚後の将来的な不安があった」と容疑を認めているということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg