福岡県の“緊急事態宣言”13日から延長期間 30日まで 通勤風景に大きな変化なし (21/09/13 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡をはじめ全国19都道府県への緊急事態宣言は13日から30日までの延長期間に入り、県は引き続き感染対策の徹底を呼びかけています。

緊急事態宣言の延長初日となった13日、福岡市の西鉄福岡駅ではこれまでとさほど変わらない通勤風景が見られました。
◆20代 会社員
「先週より減ってるとか言ってるけど、実際最初よりは多いわけだし安心のためには必要かな」
◆40代 会社員
「今月いっぱいだといいなあってとこですよね」

当初は12日が期限だった福岡県への緊急事態宣言は30日まで延長され、酒類を提供する店の休業や飲食店の時短営業の要請が継続されます。
県内の12日の新規感染者は292人と、7月27日以来の200人台となりましたが病床の使用率は6割近い状況が続いていて、県は不要不急の外出を控え感染対策を徹底するよう呼びかけています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg