保育士・教職員・妊婦など対象 ワクチン優先接種 予約受付開始 若年層の接種加速へ 福岡県 (21/09/08 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県は、保育士や教職員、妊婦などを対象にした新型コロナワクチンの優先接種について、8日に予約の受付を始めました。
これは、福岡県が感染状況の改善に向けて、若年層の接種を加速させるために実施するものです。

対象は、16~39歳までの保育士や教職員、飲食店の従業員などで、ほかに妊婦やその同居人も含まれます。
接種期間は、9月15日~10月29日までの予定で、モデルナ製のワクチンが使用されます。
接種会場は福岡市や北九州市、久留米市など県内9つの自治体にそれぞれ1カ所ずつ新設され、1会場あたり、1週間に最大1000回の接種を予定しています。

電話予約は平日の午前9時~午後5時まで、インターネット予約は24時間受け付けているということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg