福岡県・服部知事 浸水対策や支援に取り組みへ 大雨被災地を視察 (21/08/22 18:10) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

先週からの豪雨で、大きな浸水被害が出た久留米市などを22日、服部知事が視察しました。

このうち、久留米市北野町で、浸水した農業用ハウスを訪れた服部知事は、生産者の声に耳を傾けました。
【生産者】
「生活が困窮するというレベルまで、経営破綻が目前にまで迫っています」
こちらでは、82棟あるハウスのうち、76棟が浸水。 出荷間近のパクチーなどが全滅し、被害総額はおよそ2000万円に上るということです。
【服部知事】
「営農の再開・継続に向けての支援を、検討させていただきたい」

服部知事はこのほか、浸水した市街地や一部損壊した用水路などを視察し、豪雨被害の状況について、詳しい説明を受けました。
【服部知事】
「一日も早く、被災された皆さんが、元の生活に戻っていただく、この意欲を失わせることなく、取り組んでいかなければいけない」

県は筑後川支流の浸水対策として、堤防のかさ上げや地下調整池の整備などを、早急に進めたいとしています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg