福岡コロナ警報 8月1日から再び“時短要請”決定 営業時間午後9時まで 協力金の先払いも (21/07/28 16:15) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

新型コロナの感染拡大を受け、福岡県は「福岡コロナ警報」を発動し、飲食店などに対し8月1日から再び営業時間の短縮を要請することを決定しました。

◆服部知事
「現在の傾向が継続しますと第4波を超えるような感染拡大、また医療提供態勢のひっ迫が急速に高まることが懸念されるところであります」

県内の新規陽性者数は27日までの3日間平均で190人に上り、病床使用率も15.7%と「福岡コロナ警報」を発動する3つの指標のうち2つが目安を超えています。
県は28日に警報を発動し、29日以降、不要不急の外出を自粛するほか、県内全域の飲食店に対し8月1~29日までの間、営業時間を午後9時まで、酒類の提供を午後8時半までとするよう要請します。

要請に応じた飲食店には協力金を支給し、受給実績のある店については申請から1週間以内をめどに一律50万円を先払いする方針です。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg