福岡県“午後9時までの時短要請”再開へ 市町村と最終調整 県内でコロナ感染者100人超の日増加 (21/07/27 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県は、県独自の「福岡コロナ警報」を近く発動し、飲食店に対して午後9時までの営業時間の短縮を再び要請する方向で最終調整に入りました。

服部知事
「今後、急激な感染拡大を防ぐためには何らかの対策を打っていく必要がある」

福岡県の服部知事は27日朝このように述べ、県独自の「福岡コロナ警報」の発動に向けて県内の市町村と最終調整を進めていることを明らかにしました。

県内の感染者は先週半ばから100人を超える日が多く、福岡コロナ警報を発動する3つの指標のうち、新規感染者数と病床使用率の2つがすでに目安を超えています。
福岡県はコロナ警報を発動した後、飲食店に営業時間を午後9時までに短縮するよう再び要請する方針です。

また、「まん延防止」措置の適用についても政府と協議したい考えで、服部知事は28日にも記者会見を開いて、県民や事業者に対して協力を呼びかける見通しです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg