福岡大空襲から76年 平和の誓い新たに 福岡市で献花式 (21/06/19 18:05) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡大空襲から76年を迎えた19日、犠牲者を追悼する式が、福岡市で開かれました。
新型コロナの感染拡大防止のため、2021年は参加者を絞って、福岡市役所で献花式だけが行われ、遺族代表など4人が、平和の誓いを新たにしていました。

1945年6月19日の福岡大空襲では、市の中心部が大きな被害を受け、死者・行方不明者は1千人を超えました。
こちらは終戦直後の大濠公園周辺の様子で、福岡市博物館は未公開だった写真を、公式ツイッターで公開しています。

遺族は「若い世代に平和が当たり前でないことを知ってほしい」と話していました。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg