宗像市や柳川市など16市町を追加 福岡県の広域接種センター ワクチン接種加速へ (21/06/16 16:15) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県が県内2カ所に開設している新型コロナワクチンの広域接種センターで16日、新たに16の自治体を対象に加え接種が行われています。

田川市の福岡県立大学とみやま市の保健医療経営大学に開設された県の広域接種センターは、6月7日にワクチン接種を開始し、15日までに約8400人が接種を受けました。
これまでは6の自治体が対象でしたが、16日から宗像市や柳川市など16の自治体が新たに加わり、予約をしていた高齢者が続々と会場を訪れました。

◆香春町から訪れた人
「ラッキーでした。きのう電話して、きょう(接種を)受けられましたもんね」
◆太宰府市から訪れた人
「太宰府も(予約を)持っていたんですけど、早い方がいいと思って」
(Q.なぜこの会場を?)
「高速代がかからないから。安いから」

対象者は接種券が届いている65歳以上の高齢者で、県は自治体の予約と重複する二重予約にならないよう注意を呼びかけています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg