福岡市の集団接種 5つの区で前倒し 6月22日から順次 中央区・早良区では午後10時まで接種可能 (21/05/31 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

新型コロナワクチンをめぐり、福岡市は7月から各区に設置する予定だった集団接種の会場を、一部で前倒しして開設すると発表しました。

前倒しして開設されるのは中央区と早良区を除く5つの区の会場で、西区では6月22日から、城南区と博多区では6月25日から、南区と東区では6月28日からそれぞれ接種を始めます。

また、7月1日に開設される中央区と早良区の会場では運営時間を5時間延長し、午後10時まで接種が受けられます。
前倒し分の予約は6月1日からインターネットと電話で受け付けます。

あわせて福岡市は、ネット予約に不慣れな高齢者などを対象に、離島を除く市内の147の公民館で6月1日からスマートフォンを使った接種予約をサポートすることにしています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg