高齢者向けワクチン 北九州市は4月12日に接種開始 19日からは8カ所ほどの高齢者施設で巡回接種 (21/03/31 16:15) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

北九州市は31日、高齢者向けの新型コロナワクチン接種についてスケジュールの詳細を明らかにしました。

北九州市の北橋市長は31日の会見で、国から配分される最初のワクチン485人分が4月5日の週に届き、4月12日に小倉北区の西日本総合展示場で集団接種を行うことを説明しました。

1週間後の4月19日からは、医師が常駐する8カ所ほどの高齢者施設で入所者や施設スタッフなど約1300人を対象に巡回接種が行われ、5月3日には最初に接種した人たちの2回目が行われる予定です。

北九州市は、国から配分されるワクチンの供給時期がずれ込めば、熱中症予防のため接種会場の変更やかかりつけ医での個別接種も検討する方針です。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg