太宰府市 新型コロナ”自宅療養者”に生活物資 1週間分を無償提供 3月末まで予定 福岡県 (21/02/12 20:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

福岡県太宰府市は、新型コロナに感染し病院や宿泊施設に入れない自宅療養者に生活物資を無償で提供する支援をはじめました。

太宰府市役所に入ってきた1台の車。
到着した車の中から職員が取り出しているのは、新型コロナで自宅療養している人たちを支援するための生活物資です。

太宰府市の楠田市長は、新型コロナに感染した一人暮らしの職員から自宅療養の大変さを聞き、生活物資を無償で提供する支援を企画。
9日の臨時市議会で可決され、12日に早速、配布のための準備作業が行われました。

箱の中には市内の食料品店から調達した米や缶詰・袋麺などの保存ができる食料品のほか、除菌シートやトイレットペーパーなど1週間分の生活物資が入っています。
保健所が自宅療養者の中で親族などからの支援を受けられない人に市の支援策を案内し、希望者が市役所に電話すると、職員が直接自宅へ届ける仕組みです。

▼太宰府市 楠田大蔵市長
「苦しんでいる方に手が届くような支援をこれからもしていくというメッセージにもしていきたい」

太宰府市の自宅療養者への支援は3月いっぱい行われる予定です。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg