”横断歩道ないところ”渡ろうと 高齢女性 車にはねられる事故 相次ぐ 福岡県 (20/11/29 12:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

28日夕方から夜にかけ、福岡県内で高齢の女性が車にはねられる事故が相次ぎ、90歳の女性など、合わせて3人が死亡しました。

このうち広川町広川の県道で、28日午後6時半ごろ、道路を横断しようとしていた女性が軽乗用車にはねられました。

警察によりますと、女性は病院に搬送され治療を受けていましたが、およそ3時間後に死亡が確認されたということです。

亡くなったのは近くに住む久保ミツヱさん(90)で、事故があった現場の近くには横断歩道や信号機はありませんでした。

現場周辺の道路は事故処理のため、およそ2時間にわたって通行止めとなりました。

福岡県内ではこのほか、28日夕方から夜にかけて、北九州市小倉北区中井と小倉南区中曽根東で、いずれも横断歩道がないところで道路を横断していた、高齢の女性が車にはねられ、死亡しています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg