「5G」最新警備ロボットの実証実験 NTTドコモ九州支社など3社が連携 福岡県 (20/11/26 20:00) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

NTTドコモ九州支社など3社が連携し、高速、大容量の次世代通信システム「5G」を利用した最新の警備ロボットなどの実証実験が始まりました。

実証実験で発表されたこちらの警備用ロボット。 人工知能が搭載され、自動でパトロールをすることができます。

人間の顔を識別し、不審者の発見を行うことができるほか、高速、大容量の次世代通信システム「5G」を活用することで、高画質な映像をリアルタイムで送り、警備の迅速化につなげることができます。

このロボットは、福岡市に本社を置く「正興電機製作所」、NTTドコモ九州支社、警備会社の「にしけい」の3社が協力し、研究を進めています。

実証実験は、2021年3月末まで行われ、2021年度中の事業化を目指すということで、「警備現場の人出不足解消につなげたい」としています。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg