解禁 ボジョレ・ヌーボー 例年より3~4割需要増“巣ごもり”需要で全種類ハーフボトルも 福岡市  (20/11/19 20:30) 【TNC ニュース(福岡)】

ニュース

秋の風物詩、フランス産ワインの新酒「ボジョレ・ヌーボー」が19日午前0時に解禁され、福岡市のデパートでも開店と同時に店頭に並びました。

▼記者
「こちらのワインショップでは、早速たくさんのボジョレ・ヌーボーが並んでいます」

19日に解禁されたフランス産ワインの新酒、ボジョレ・ヌーボー。
福岡市・天神の福岡三越では、10時の開店と同時にフランスから輸入された6種類、約1500本の販売が始まりました。

▼「二コラ」福岡三越店 宮永暁彦店長
「今年は例年より3割から4割ほど多くご予約を頂戴しております。自宅での巣ごもり需要や家飲み需要がたくさん増えているので」

また、新型コロナの影響で自宅で過ごす時間が増えていることなどから、この店では家でも気軽に楽しめるようにと飲み切りやすいハーフボトルを全種類取り揃えたということです。

▼買い物客
「きょう飲みたくて通ってボジョレがあったので買いました。外には出れないから家の中で過ごすようにっていうところで、ワインを楽しみます」

担当者によると、2020年のフランス・ボジョレ地方は気候に恵まれたことから、ブドウの糖度が上がり濃厚で芳醇な味わいとなっているということです。

この記事について

TNCで放送されたニュースを掲載しています
https://www.tnc.co.jp
https://www.youtube.com/channel/UCZ0U1AoJOKVdlejhjUU1fBg