テレワークで使いやすい手帳・天神ロフト -2021年の最新手帳-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

生活情報

ももちタイムズは「2021年の最新手帳を大特集!」
秋は芋栗カボチャだけじゃない!実は手帳は10月が旬なんです。
今年の手帳業界で注目のキーワードが「テレワーク」。
パソコン作業に特化した手帳や、オンとオフの切り替えがバッチリできる手帳、さらに今までありそうでなかった意外な特徴を持つ小型手帳などが続々登場します。

1月スタートの手帳は、毎年9月ごろから販売がスタートし、10月が最も種類が多く、人気のタイプは、どんどん売り切れていくんだそうです。

1日1ページタイプの元祖と呼ばれ、天神ロフトで16年連続売り上げ1位の「ほぼ日手帳」などが有名ですが、2021年は、ある特徴をもった手帳が注目されているんだそうです。
今年は新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及し、テレワークで使いやすい手帳が注目されているんです!

こちらが今年注目の「ダブルスケジュール」。
1冊で仕事とプライベートの使い分けができるタイプの手帳なんです。
家の中で仕事をしていると、オンとオフの切り替えが難しく、今まで以上にスケジュール管理が大事になっていることからこのタイプが注目されているんです。

最近はZOOMなど、パソコンで会議を行うことも増え、パソコン作業をしながらメモや確認ができるスティックタイプが人気なんです。
カフェなどテーブルが広くない場所でも使いやすいんですよ。

これ以外にも、手帳でありながら普段は卓上カレンダーとして使用できるタイプなど、パソコン周りで使いやすい手帳が今注目されているんです。
そんな中、先月末に発売された“ある1冊の手帳”が手帳業界をざわつかせているんです!

今までありそうでなかった四つ折りタイプの手帳!
近年、長財布ではなく、折りたたみの財布が人気になっているように、手帳業界でも、大きく使いたいけど小さく持ち運びたいという声があり、開発されたんです。
上がカレンダーで、下がメモ帳のような使い方や、上下カレンダーにして、仕事とプライベートを分けたり、様々な使い方が可能なんです。

【住所】福岡市中央区渡辺通4-9-25 6F
ダブルスケジュール(A5サイズ) 1650円(税込)
スティックダイアリー 1760円(税込)
ノートブックカレンダーマグネット(A5) 1320円(税込)

2020年10月8日(木) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。