薬膳スクール 薬膳ハウス金木犀 -足の悩み解消!グッズ&薬膳レシピ-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

生活情報

夏の足元といえば、やはりサンダル!でも、足の裏がガサガサだったり、臭ったり、むくんでいたら…せっかくのオシャレも台無し。
そこで、体質改善が期待できる薬膳レシピを紹介します。

それにしても、連日暑い日が続いてます。
そんな時こそ、気をつけたいのが足の臭い。
このあとは、足の臭いを抑える、簡単!薬膳レシピをご紹介します。

そこで、福岡市中央区。薬膳料理教室「金木犀(きんもくせい)」の甲木(かつき)さんに、足の臭いを抑える 簡単!薬膳料理を学びます。
実は汗の臭いは、湿や熱が身体にこもって臭いが出るんです。
湿熱(しつねつ)とは、体内に溜まった不要な「水」と「熱」が、気や血のめぐりを邪魔して、様々な不調が起こっている状態のこと。

さっそく、湿熱(しつねつ)を取り除き、汗の臭いを軽減する食材で調理開始。

用意するのは、はと麦・セロリ・トマトなど、ご覧の食材。
野菜だしは、市販のものを使ってもOKです。
これらを使って、はと麦のミネストローネを作っていきます。

まずトマトから切っていきます。
トマトは熱さを解く身体を自然な形で冷ましてくれる効果があるそうです。
体に湿とか熱が溜まるのは3つ原因があって、ストレス・暴飲暴食・飲酒です。
トマトをざく切りしたら、続いてはセロリ。
セロリは熱と湿を取る目的にピッタリの食材です。
鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れ熱します。
ニンニクの香りが立ったら、刻んだ玉ねぎ、ニンジン。セロリを加え…少し炒めます。
2、3分炒めたら…鍋に野菜だしを400cc。
そして、カットしたトマトを加え…

はと麦を入れます。
はと麦は、身体の中の余分な水と湿を取ってくれる働きがあり、むくみが取れるそう。

甲木さん流の食材アレンジ。
ミネストローネには普通じゃがいもを入れますが、今回は里芋で痰(たん)を取る効能を足します。
あとは、弱火で15分煮込むだけ…

見た目も鮮やかな、はと麦のミネストローネ。
具だくさんの具を食べるスープです。
清熱スープと言って、食べた時は、ポカポカしても、体内の熱(ねつ)は、しっかり冷ましてくれるそう。

そして、薬膳料理の定番 緑豆粥(りょくずがゆ)も作って頂きました。
緑豆粥も清熱効果があり、組み合わせとしてはバッチリ。
中国では、暑気払いに食べる風習がある緑豆(りょくず)。

これを食べれば、足の臭いも抑えてくれます。
簡単ですし皆さんオススメです。

【住所】福岡市中央区平尾1-10-20
http://kinmokusei-y.com

2020年8月14日(金) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。