タイのマッサージ“ハーブボール”を使って行う冷え性対策・ハーブケアYIM -寒さを乗り切るために行う「温活」-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

生活情報

12月に入り本格的な寒さを迎えました。そんな寒さを乗り切るために行う「温活」を大特集!
タイのマッサージ“ハーブボール”を使って行う冷え性対策や桜島のマグマパワーを施したアイテム、さらに薬膳をたっぷり使ったサムゲタンなど身体の外側と内側の両方からしっかりと温める情報をお届けします。

本格的に冬を迎え寒くなって来ましたね。
温まるアイテムや食事で身体の芯からケアする「温活」を調査してきました。

温活を求めやってきたのは南区大池にあるマンションの一室。
どんな温活ができるのでしょう?

ハーブボールとはマッサージに使う道具で、身体の冷えやトラブルを緩和させるタイでは伝統的なハーブ療法。

坂井さんはタイで実際にマッサージを学び、現在は施術や指導を行っています。

さらにここでは何回も使うことができるハーブボールを実際に作り、セルフケアの方法も教えてくれます。

白石アナウンサーは効能のあるこの8種類のハーブで作成、15分蒸し、身体に当ててマッサージをしていきます。

まずは筋肉をほぐしながら血流を流し、それから悩みを改善したい部分に当てて行きます。

そのほかにも首元と肩の間に当てることで肩こりが緩和。

顔のむくみが気になる人には耳の裏に当てることで改善されると言われています。

【住所】福岡市南区大池1-23-8-504
【電話】090-7297-9060
薬草スクール・セルフケアレッスン 2時間 7700円(税込み)

2021年12月9日(木) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。