醤油のもろみに山椒を合わせた「食べる醤油」・今しぼり -残暑疲れを吹き飛ばしてくれるアイテム「山椒」「花椒」-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

グルメ

もうすぐ8月も終わり、9月に突入しますが、今年はまだまだ残暑が厳しい予想。 今年は残暑が原因で起きる「残暑バテ」に要注意なんです。
今回はそんな残暑疲れを吹き飛ばしてくれるアイテム「山椒」「花椒」をご紹介!普段あまり使わないという方も安心!薬膳のプロ直伝の簡単「花椒」料理をお教えします!さらに、乗せるだけで劇的に進化する食べる醤油山椒や花椒を使ったぬか床まで登場します!!

「残暑バテ」って聞いたことありませんか?
残暑バテとは夏が終わる8月末から秋本番の10月にかけて、残暑が原因で起こる体調不良のことなんです。
今回はこれからの時期に要注意な残暑バテを解消してくれる意外な商品をご紹介します!

今年は例年に比べて9月に入っても厳しい残暑が続く見込み…

そんな中、残暑バテに効果的と注目されているのが「山椒」や「花椒」などのしびれ調味料なんです。

「山椒」はうなぎ料理などにお馴染みの日本原産の調味料のこと。

一方で「花椒」は中国原産の調味料で山椒よりも強い辛味が特徴。

近年「山椒」や「花椒」を積極的に取り入れる「マー活」という言葉が生まれるほどしびれ調味料がブームになっており、それらを使った新商品が続々と発売されているんです!

マー活の波は醤油業界にも!

こちら醤油のもろみに山椒を合わせた「食べる醤油(山椒&なたね油)」という商品。
しかも注目すべきは…

ビンのなかには、乳酸菌や酵素がたっぷり入った醤油のもろみが入っているため、発酵し続けることで徐々に醤油の味が変化していくんです。

この食べる醤油を使えば、鰆の塩焼きやタコのカルパッチョに乗せるだけで、いつもの醤油では味わえないピリッとした痺れる刺激を楽しむこともできるんです。

高級旅館の料理でも使用されているというこちらの商品、是非一度確かめてみてはいかがでしょうか?

【住所】京都府綾部市篠田町小西5
【電話】0773-21-6831
食べる醤油(山椒&なたね油) 864円(税込み)

2021年8月27日(金) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。